ドイツ語で電話をかける

2011年02月21日

ドイツ語で電話をかける

私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)

ドイツ語で電話するのは緊張しますよね電話

今回は電話で役立つドイツ語をみていきましょう。

の前に、日本とドイツの電話への出方の違いについてご紹介しますねぴかぴか(新しい)

日本の場合、まずは「はい、鈴木です。」と応答しますよね。

ドイツの場合、「Schmidt」で終わりです。

Hiといったクッション的な挨拶も無く、名字のみが返答で返ってきます。

これ、知らないと、びっくりしますよねあせあせ(飛び散る汗)


では、実際のフレーズをみていきましょう。

まずは丁寧な言い方からです。

「Hallo! Hier ist Suzuki」(もしもし、こちらは鈴木です)

「Ich möchte Herrn Schmidt sprechen.」(シュミットさんをお願いしたいのですが)


次に、フランクな言い方です。

「Hier (ist) Suzuki.」(鈴木です)

「Ist Herr Schmidt da?」(シュミットさんいる?)


それ以外のフレーズを紹介していきますね。

電話をつないでほしい時、

「Könnten Sie mich bitte mit.......vervinden?」(すみませんが、....さんにつないでいただけますか?」


不在の時、

「Tut mir leid, ...ist grade nicht da」(あいにく今は...はいないのですが)

「Können Sie vielleicht später noch einmal anrufen?」(後ほどもう一度電話をいただけますか?)



伝言をお願いしたい場合、

「Kann ich ...etwas ausrichten?」(それでは...に伝言をお願いできますか?)

後からかけ直すと言いたい場合

「Ich versuhe es später noch einmal」(後ほどもう一度電話してみます)



私がドイツ語をマスターできたコツはこちらで学びましたぴかぴか(新しい)





posted by ドイツ語挨拶あいみ at 03:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。